ボーカルの音を録音しては聴き、を繰り返してEQを調節する。これで最適と思ってYouTubeに上げる。時間をおいて聴いてみると低音を削りすぎていて音がスカスカでがっかり。こんな状況が続いています。

たぶん、これまで音のこもりを解消できなかったから、無意識にこもり要素である低音を排除しようとしているんだと思う(実際はこもりにならない低音もあるのに)。あと、長い間聴いていると、低音の足りない音に耳が慣れてしまって、必要以上に低音を削ってしまうと言うのもあると思う。冷静に音を判断するのがいかに難しいのかを痛感しているけど、そういう試行錯誤も楽しんでいます。

あと一息でボーカルの音は完成する予感。下の動画が完成一歩手前の音。ここから低音を増やして最適なバランスを探します。

あとは鉄弦ギターのピックアップをガットギターとおそろいのL.R. Baggs Lyricに変えて空気感を出して、ステレオイメージャーで音の幅を広げたい。弾き語りというシンプルな構成なのにやることが多いけど、それも楽しいです。

よい音を届けられるよう頑張ろう。