Brompton Southwest Trains号に乗り始めて早いもので2年。先日はじめての輪行をしてきました。初目的地は山梨県勝沼。妹家族がブドウ狩りに行くと言うので、1人自転車片手について行きました。

勝沼は新宿から中央線特急 ‘かいじ’ で1時間半ほど。家から新宿駅までBromptonで15分ほど漕いで駅構内で妹家族と待ち合わせ。姪っ子の『なんで自転車なんて持ってきたの~。』と言う冷たいコメントにもめげずに ‘かいじ’ に乗り込みます。

車内のどこにブロンプトンを置くか?は結構な難題です。はじめは網棚に挑戦しましたが、一応載せることはできるものの ‘かいじ’ の奥行きが短い網棚だと落ちてくる危険性がありそうでした。山中に入るとめちゃめちゃ揺れる中央線でそのリスクは負えないので断念。幸い、4人で席を向かい合わせにして座っていて、進行方向に対して後ろ向きの座席の後ろにデッドスペースができるため、そこにうまく収めることができました。もし4人席じゃなかったらデッキが第一候補だったのですが、デッキは大きなキャンプ道具やフルサイズの自転車で大混雑。小さいとは言え輪行の時はブロンプトンでも早めに行って場所の確保をするのは大事だと思います。

駅を降りてからブドウ園までは自転車で。ただひたすらの下り坂は気持ちよかったですが『帰りはここを登るのか』と言う恐怖感がつきまといます。下りなので妹家族の乗る送迎車について行けるかと思いましたが、暴走気味のおばちゃんドライバーのスピードにはついて行くことができませんでした…。

ブドウ園では甲斐路とコトピーと言う品種を狩りました。コトピー、はじめて食べたけど甘くておいしかったです。(ちなみに写真は別の品種)

その後、昼食を食べに原茂ワインのカフェへ。ホットドッグなどの軽食がメインですが、広い庭で食べることができるので、走り回りたい子供にはぴったりの場所でした。その上大人は質の高いワインも楽しめるので家族連れでのんびり過ごすにはよいところだと思います。

昼食後は妹家族と別れて勝沼を散策。のつもりだったのですがあまりの上り坂に心が折れて早々に ‘かいじ’ に乗って帰ってきてしまいました。内装3速のSouthwest Trains号で上り坂が続くと、必死で踏み込み続けなければならないので体力より先に気力がなくなってしまうことがよく分かりました。坂に強くなれるよう、体力づくりと6速への改良を心に決めた初輪行となりました。

ハイライト動画はこちら。終盤、よれよれしながら息切れしてます(笑)