使い始めてから4ヶ月経とうとしているJabraの最新イヤホンElite75t。そろそろよいところ、悪いところがわかってきたのでレビューしてみたいと思います。結論から言うととても便利で良いイヤホン。「低音が強いイヤホンは許せない!」と言う人以外は買って損はありません。

○ 小さい

Elite 75tがすごいのは、最新のBluetoothイヤホンの機能をコンパクトに納めたこと。充電器を兼ねたケースの大きさがこのサイズです

ケースを開けるとイヤホンが無駄なく詰まっています。本当によくこんなに効率よく設計できたものだと思います。

イヤホンも極小。耳につけても重さを感じません。

自分の白髪の量に衝撃を受けている…

普段使いをする上でこの小ささはとても大切。出かける時にはケースごとポケットに入れておけるし、着けている時も一切邪魔だと感じません。だから常に持っていられて使用頻度が増える。便利ってこう言うことなんだな、と実感します。

○ Bluetooth接続が速くてマルチデバイス対応

Bluetoothが一瞬で、ちゃんと毎回繋がってくれるのも良いところ。接続できないこととかあるとイライラして使わなくなっちゃいますが、Elite75tならケースを開けて耳につけた瞬間に “Device Connected”とアナウンスされてすぐに使えます。

その上、8台のデバイスに接続できます。僕の場合はスマートフォンと会社用のPCに2台にしか繋げていませんが、それでもとても便利。スマートフォンで着信してもPCで電話会議があっても常にイヤホンが繋がっているのでストレスなく使えます。

ちなみに2台に繋がった時はちゃんと ” 2 devices connected”とアナウンスされます。いつか”8 devices connected”を聞いてみたい。

○ マイクの性能がすごい

これまで電話会議では、自分の声がちゃんと届くように、マイクが口元にあるヘッドセットを使っていました。電話会議はただでさえタイムラグがあって会話しにくいので、ちゃんと聞き取れないと相手に迷惑をかけてしまいます。マイクが口元にあれば聞こえないことは無いだろうと言うわけです。

でもヘッドセットは大きくて邪魔。置き場所、つけ心地を考えるとよい選択とは言えないので、以前にスピーカーフォンを使って性能が良かったJabraの技術に賭けてみました。結果は大成功。Elite 75tで話したあと、誰に聞いても聞き取りやすかったと言われます。耳に付いているイヤホンで声をクリアに拾う仕組みはまったくわかりませんが高性能です。

○ 電池が長持ち

最大使用時間7.5時間、ケースは最大28時間分の充電ができるそうです。実際の印象はもう少し短いかな、と言う感じですが、ケースをフル充電すれば電話会議を繰り返しても3日間くらいは持つ感じです。充電も2時間くらいで終わるので、基本バッテリーのことは気にしないで済みます。

✖️ 低音が強い

今風の音作りなのでしょうけど、少し低音が強い気がします。クリアな音質が好きな人は不満に思うかも。でもBluetoothですから、音質にこだわっても仕方ないです。便利に使う時はElite 75tを、音楽を楽しみたい時は有線ヘッドホンを、と言う感じで使い分けています。

✖️ 密閉性が高すぎて蒸れる

密閉性が高いので、長時間つけ続けると蒸れてきます。僕の場合は1.5時間を超えると気になってきます。気になるかは人それぞれだとは思いますが。

総じて、どんな用途にも使えるとても便利なイヤホンです。在宅勤務の質も上がりますのでぜひ試してみてください。おすすめです。