政府のCOVID-19への対応について批判が集中しています。批判する人のほとんどが外出自粛を徹底し、その分の補償をすることを求めているようです。

安倍政権とは意見の異なる僕から見ても、今回の対応はよくやっていると思います。首相は安全のために経済を一部犠牲にすることを宣言し今後投入する経済対策の額を明確にしました。経済対策の額が決まっていると言うことは、救われる企業は限定されると言うことです。対策が今後、順次投入されると言うことは、すぐに困窮に陥る企業は犠牲にすると言うことです。そして、この救済スキームから漏れてしまう場合、企業ではなく最低限度の生活を維持できない個人や家庭に現金を給付する。政府は優先順位を明確に示しています。

一部の経済のみを犠牲にする。だから外出自粛は徹底せず、回せる経済は回す。

人に対する最低限度の保証はするが、全ての企業や個人を救うわけではない。だから補償は限定的。

いまの施策は政府の立ち位置=考え方に沿ったものです。そしてその考え方自体は経済と安全のバランスの取り方として間違ったものとまでは言えません。

徹底的な外出・補償を要求する人は、将来の経済がどうなろうといまの安全を優先して欲しいと考えています。(もしくは経済のことは何も考えていない。)この対極にあるのが安全を犠牲にしても経済を止めるべきではないと言う考え方。感染予防策を行いながら、これまでの生活を続けて経済を止めないことが大切だと言う見方です。(僕はこの考え方です↓)

COVID-19は受け入れる死に方を選べと迫っている。 | ペンタとライカとブロンプトン

COVID-19の感染拡大防止のため、外出が自粛が推奨されています。感染者が増える現状では正しい措置のように見えますが、実際はそう単純な話ではありません。 トランプ大統領が『経済活動を停止することで国を破壊する恐れがある』とのコメントをしました。これこそいま議論しなければならないことであって、日本でこの議論が出てこないのが不思議です。 …

どちらも犠牲の出る考え方です。そして、犠牲の量を予測するのは難しい。

政府はこの両極の間でバランスを取ろうとしています。このバランスに最適解はありません。だから正解が分からなくても、どこかに立ち位置を定めて施策を実施して行くしかありません。

いま政府を批判する人たちは、自分の考えが最適解=『正義』だと言う前提に立って、政府の考え方を間違っていると信じて疑いません。人の命を救うのは正義だから、それ以外の優先順位は下げるべきと疑わないのでしょう。

自分と違う意見を『非正義』とし、そこから学ばない。だから自分の正義に反する情報を見ようとも考えようともしない。たとえば、経済停滞によってどの程度の人間の生活が脅かされるのか?失業によって命の危険にさらされる人数はどの程度なのか?こう言う要素は自分の正義に反するので気にも留めない。自分の考え方が人の生活を脅かすとは夢にも思わない。

細かいことは気にせず、自分の正義と感情を爆発させ、ぶつけて行くことが議論だと思い込んでいる。こう言う正義の押し売りをする人が増えているのは恐ろしいことだと思います。単一の価値観しか持てない人間はコントロールがしやすい。例えば、為政者がこう言う人たちを中心に感情にまかせた世論を形成して、社会を誤った方向に導くのは簡単です。安倍政権がこう言う人たちと距離を取っているのはありがたいことだとすら思います。

多様な考え方や情報に触れられる現代にこう言う人たちが増えたのは皮肉な話です。多様な情報をきちんと集め、自分で処理・判断し、考えられる力をつけることが現代人には求められています。