使っている人は多いと思いますがLinkedInと言うSNSがあります。Facebookのビジネス版と言う感じのもので、それぞれのユーザーが好きなことを投稿できるのですが、投稿の内容がビジネス関係のことに限られるのが特徴です。

 

正直、ビジネス関連の投稿を見ていて面白いことはほとんど無いのですが、LinkedInは自分の職務経歴を詳細に記入できるのが他のSNSと違うところ。

 

これが実によくできたコンセプトで、人事の立場で見ると非常に有用なツールです。インターフェイスがよくできているので、職務経歴書よりLinkedInで見た方がその人のキャリアを確認しやすいユーザーが自分で登録しているので、勤務先などで検索をかけることもできます。そして、いまエージェントや転職サイトに登録していない人の情報も得られます。

 

企業にとっては候補者の選定の幅が広がる上、選考が効率的になるんですね。転職活動を始めていない人でも声をかけたら気持ちが動くかもしれない。そういう人も候補者にできる。もちろん求職中の人も声がけできるので候補者のプールが拡大できます。その上、LinkedIn経由で直接声をかければ、エージェントやサイトに支払っているコストもなくなる。企業にとってはいいことづくめのSNSと言えそうです。

 

実は僕の今回の転職先もLinkedInで直接声をかけてくれました。偶然にも、ちょうどそのタイミングでエージェント経由でその企業に応募もしていたため、その後はエージェントを使って選考を進めることになりましたが、もしかしたらエージェントは必要なかったのかも、とすら思います。

 

面接の前に面接官のLinkedInアカウントが送られてきて、その人がどういう人かを確認できたり、今回の転職活動ではLinkedInが大活躍でした。

 

まだまだ日本での使用率は高くないと思いますので、よい仕事が見つかる可能性はそこまで高くないと思います。(僕は昨日、中国のメーカーで働きませんか?勤務地は広東省ですと言うお誘いをいただきました。)でも、今回の僕のケースのように企業から直接コンタクトしてくれることもあるかもしれませんし、数は多くないですが、採用をしている部門長が『こんな人を探しています』とポストしているケースもあります。だから登録しておいて損はないと思います。

 

これからLinkedInのようなSNSのアルゴリズムが進化を続けてより効率的にマッチングができるようになっていくと、転職ビジネスはこの世の中から無くなってしまうのかもしれません。