実は苦くて苦手だったコーヒー。牛乳を多めに入れたカフェオレにすればおいしく飲めるので、朝はそれを飲んで会社に行くのが習慣だったのですが、そのカフェオレをおいしくできないかと思い立ち、ミルを買いました。

1Zpressoのコーヒーミル 1Z-E-Proを買いました。

 

豆を挽いて粉にすると酸化が促進されて味が落ちる。知識としては知っていたのですが、想像以上に味の変化は大きかったです。このミルを使い始めてから、コーヒーの味が大きく変わって、牛乳無しでも美味しく飲めるようになってきました。

 

よいことかどうかはわかりませんがコーヒーを飲む頻度も増加。おいしいということに加えて、自分で豆を挽いてじっくり淹れるという作業に心が落ち着くというのも大きいです。茶の湯の世界をコーヒーで実感している感じです。

 

ゆっくりとガリガリ挽いて、お湯の沸いた音を聞き、お湯を注ぐためのケトルに移してじっくりドリッパーに落とす。日々の生活の中でこんなにゆっくりと時間を無駄にすることがないからか、心が落ち着きます。

 

Leica M Monochrom, C Sonnar T*1.5/50 ZM

 

朝はそんなに余裕がないよ、と思うかもしれませんが1日のスタートの質が変わりますのでおすすめですよ。コーヒーミル、導入してみてはいかがでしょう?