Untitled

長野のお客さんを訪問して新幹線前に時間が取れそうだとついつい寄ってしまうお店、それが『とくべえ』です。

客にこびない入り口がちょっと入りにくさを醸し出していますが、扉を開ければ店員さんは笑顔でやさしく対応してくれます。1人でも気楽に入れるお店です。

Untitled

年季の入った内装も期待を高めてくれます。最近は小ぎれいでこじゃれたお店が増えていますが、こういうところでしっぽり飲むのは代えがたいよさがありますね。

Untitled

メニューはこんな感じ。季節によって旬のもの(根曲がり筍など)が加わったりしますが、こちらが基本の料理です。どれもリーズナブルで美味しいので、おすすめはありません。堅苦しいことは抜きに好きなものを選びましょう。

Untitled

Untitled

お通しのモズクをいただいたあと、今回はやたら漬けからスタート。ミョウガと柴漬けを使った絶妙な味付けにビールが進みます。

Untitled

続いてもつ煮。

Untitled

丸なす鉄火味噌を経て…

Untitled

こちらがとくべえ名物チーズ入りコロッケです。とにかくでかい。中までどうやって火が通っているのか理解ができないレベルの大きさです。

Untitled

そして中の生地(?)はとろとろ。チーズも含めてこんなに液体に近いものを揚げて大丈夫なのでしょうか?なにか秘訣があるのかもしれませんが、そんなことは関係なくこちらは楽しむだけです。アツアツのコロッケから流れ出る生地をスプーンですくいながら美味しくいただきました。

Untitled

仕事先でお気に入りのお店を見つけておくと移動が楽しくなりますね。長野に行った際にはぜひ寄ってみてください。

goo.gl