ペンタとライカとブロンプトン

ペンタックス, GR, Mモノクローム, Brompton, ミニギター豆鉄, そして台湾

猫に癒されるカフェ~ 咖啡實驗室 Coffee Lab

Untitled

 

毎朝入れるコーヒー、以前の記事で書いたようにスーパーでは粉を売っていないためコーヒー屋さんで豆を買い挽いてもらうことになります。

www.yotaronoguchi.com

 

せっかくならおいしいコーヒーを買いたいなと思い、地元の人に推薦してもらいました。その中のひとつがこちらの咖啡實驗室。

Untitled

 

店内には靴を脱いで入るスタイル。コーヒー屋さんには珍しいですね。

 

入ると目に飛び込んでくるのはなぜか猫。しかも人に慣れきっているのか熟睡中。

Untitled

 

知らない人が近づいてきたので気になったのか起きました。

Untitled

 

しかし体制を若干変えただけで、すぐ寝ます。

Untitled

 

1匹だけではありません。僕が確認できただけで3匹いました。みんなおとなしい猫で、人の邪魔することはありません。なんとなくいるだけでほっこりするし、待ち時間も観察しているとすぐ過ぎていくのでありがたい存在。

 

『あいつ外に締め出されてるな~』

Untitled

 

『締め出されたんじゃない。出てきたんだい。』

Untitled

 

土足禁止なのに猫は自由に中と外を行き来してます。そんな緩さもいい雰囲気を作っています。

 

コーヒーの種類も豊富。4種類の豆とさらに4種類のハウスブレンドがありました。僕が買ったのはハウスブレンド。結構多く牛乳を入れるのでしっかり焙煎されたものがいいのですが、台湾では豆の種類を楽しむときはあまり焙煎をしないのだそう。(もしかして日本もそうですか?)なので、僕にはハウスブレンドが合いそうです。

Untitled

 

味は希望通り牛乳に負けないしっかり味。別のコーヒー屋さんで買ったコーヒーよりも一段上でした。おかげで朝のひとときが少しだけ豊かになりそうです。