ペンタとライカとブロンプトン

ペンタックス, GR, Mモノクローム, Brompton, ミニギター豆鉄, そして台湾

基隆河の夕焼け

Untitled

雨が降っていなければ会社まで40分ほどかけて自転車で通勤しています。距離は8km程度。イギリスにいたとき40分で15km走っていたことを考えると、倍近い時間で通勤していることになります。

 

理由は台北の街中を走っていること。一応自転車道があるのですが、歩く人や立ち話をする人、果てはごみで道をふさぐ人などがいて走るのに難儀します。信号も多く、かつ自動車と原付を優先している感じがあるため待ち時間も長い。結果として街中ではゆっくりと進まざるを得ません。

 

暑いこともあって、イギリスと比べると自転車生活の快適さは半分以下。少し悲しい現実ですがそれでも良いところもあります。それが基隆河から見る夕焼け。会社帰りにちょうど日が沈んでくるのでとてもきれいです。遠くに見える台北101がオレンジ色の空に浮かんでいる姿など、ぼーっと見ていられる光景に出会えます。

 

ぼーっとしている間に野犬の群れが近づいてきたり、大量の鳥が自分に向かってきたりとスリリングな体験をすることもありますが、基本夕方の川沿いはよいもの。台北の川沿いは車も通らないので、散歩などいかがでしょうか。