ペンタとライカとブロンプトン

ペンタックス, GR, Mモノクローム, Brompton, ミニギター豆鉄, そして台湾

台湾のかき氷レポート〜 緑豆蒜啥咪(台北)

Untitled
かき氷は台湾で有名な食べ物の1つ。おっさん1人で食べに行くのは若干憚られますが、勇気を出して行ってみることにしました。

はじめてのかき氷屋さんは松江南京駅近くの緑豆蒜啥咪。選んだ理由は家から徒歩5分だから。

台湾らしい狭い路地を抜けるとお店が見えてきます。結構小規模なお店なので自力で見つけるのは難しいかも。地図やGoogle Maps片手に探した方が良さそうです。
Untitled

お店には日本語の案内もあります。正面入り口には『食べ台湾』『タビアルキ』と言う謎の日本語がありますが、中の日本語メニューはきちんとしているので大丈夫。
Untitled

店内はこんな感じであまり広くありません。狭いところに扇風機を置きまくるのが台湾っぽくて良いですね。
Untitled

僕が行ったのは午後1時半頃だったのですが、全く並ぶことなく入れました。人気店のようですが時間帯によっては入りやすいようです。

お客さんはほとんどが日本人だった感じです。たぶん値段が高いので台湾の人は来ないんだと思います。人気メニューのアップルマンゴーかき氷は200ドル(700円程度)。日本のデザートだとリーズナブルな価格帯ですが、昼ごはんを100ドルくらいで食べている我々にとっては割高感が否めません。

ただ、このところかき氷の値段は我々の想像を超えて行っているようで、チェーンのICE MONSTERとかは1,000円を軽く超えていくそう。それを考えると良心的な価格設定かと思います。

注文してから出てくるまでは10分くらい待つ感じ。大量の扇風機のおかげで店内は涼しいので快適です。
Untitled

食べたのはアップルマンゴーかき氷。まず、生マンゴーが甘酸っぱくて美味しい。さっきは高いと書きましたが、日本基準で考えるとこのクオリティーのマンゴーがこんなに入って700円は安いと思います。シロップもマンゴーと練乳を組み合わせて美味しく仕上がっているので氷も美味しく食べられます。
Untitled

駅からも近くてアクセスも良いので、台北にお越しの際は寄ってみてください。

地図はこちら