ペンタとライカとブロンプトン

ペンタックス, GR, Mモノクローム, Brompton, ミニギター豆鉄, そして台湾

台湾で自転車に乗るときに気を付けること

前回、横断歩道に突っ込んでくる車のことを書きました。一般的な交通リスクということだとそれが一番大きなリスクになりますが、自転車の運転に限るとさらに大きなリスクがあります。 

www.yotaronoguchi.com

 

それがこの原付の2段階左折ボックスです。(原付が1台待っているところ)

Untitled

台湾では日本と違い右側通行なので、原付は2段階左折をします。そのとき、この四角い枠の中で待つわけですが、ここで待つ原付はみんな写真の奥側からやってきます。そしてこの枠の中で右側を向いて止まるために何の躊躇もなく膨らんで自転車レーンに侵入し、方向を変えます。その侵入の仕方は『本当に僕のこと見えてるのかな?』と心配になるレベル。たぶん自転車側が避けると思っての行動だと思います。

 

台湾の人たち同様、僕も日ごろの習慣というのはそうそう変わりません。だから横断歩道に原付が突っ込んでくるなんて思っていない。僕にとっては、さっきまで車道を走っていた原付が急に自分に向かってくる感覚です。その恐怖たるや…。

 

台北にはU-Bikeという貸し出し自転車があって便利なんですが、乗る際にはくれぐれも原付にお気を付けください。