クラシックカーって不器用・面倒くさがりでも維持できますか?

先日ドイツのチームでの飲み会があったのですが、会場に向かおうと思ったらチームメンバーはすでに全員出発しており取り残されました。馴染めてないことを痛感しながら近くのおじさんに場所を確認しようとしたら『俺の車で送ってやるよ。』と言ってくれました。チーム以外の人とは意外とうまくやれているのかもしれない…。

 

『俺の車は速いよ〜。』

 

とおじさんは駐車場に向かいました。さすが速度制限のない国ドイツ。どんな車か期待してついて行ったら出てきたのがこれ。

 

Untitled

 

これは素敵です。こんな車に乗ってみたかった。30度を超える日にオープンカーは厳しいと思いましたが、湿度の低いドイツの風は気持ちいいです。

 

この車、シトロエンの古い車で28馬力しかないのだそうです。でも80kmくらいは出るので高速は乗れる。だから夏の間だけ乗るのだそう。

 

メンテナンスが大変そうだなと思ったのですが、電気系統がほとんどないので仕組みが単純。ほとんど自分で手入れできてしまうのだそう。夏場に雨が降らなければこの車で出かける。それ以外はもう1台の最新の車を使う。

 

贅沢な生活ですよね。地方で車が維持しやすいからできるんでしょう。こういうのも地方の生活の素晴らしさだなぁ。でも日本の夏は湿度高すぎて厳しいかな。

 

ヨレヨレのキャップでもこのかっこよさ。これは都会で流行りの服とか探す必要ないですね。

Untitled

 

 

 

 

 

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. コメント失礼します。
    2cvは本当に維持が楽です。部品は新品で安くいくらでも出てきます。部品を集めて新車を組むことも可能です。タイヤが選べないくらいでしょうか。
    スピードも一応100キロは普通にでます。出だしが遅い程度で現代でも流れに乗ることはできますよ。
    ただし夏はどうやっても地獄です。毎年片道400キロ走って墓参りに行くのですが、首都高の渋滞は人馬ともに生きた心地がしません(^^;

  2. shavoさん
    コメントありがとうございます!乗っていらっしゃるんですね。うらやましい。
    『部品は新品で安くいくらでも出てきます。』ってどういうことか僕には想像がつきませんが、部品があるなら維持はそんなに難しくなさそうですね。
    あの日以降、将来的に地方に移住して乗れるようになったらいいなぁ、と憧れて過ごしています。頑張ればできそうなので、狙ってみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です