ペンタとライカとミニギター

ペンタックス, GR, Mモノクローム, 豆鉄, Brompton

イギリスひとり歩きその14 Hackの通り道 Hascombe

乗馬で通る村の1つ、Hascombeと言う村をひとり歩きして来ました。本当は他の村に寄りたかったのですが、方向音痴な僕はHascombeこそその場所と信じて行ってしまい、目当ての景色が無いと言ういつものパターンに陥ってしまいました。

 

とは言え、乗馬で通る村。雰囲気はよいです。

 

草原の先には、村のランドマークであるパブがあります。パブと教会はイギリスの村の中心です。郵便局やスーパーは無くともパブはある。そんなぶれないイギリスの人たちが好きです。

Untitled

Untitled

 

僕の住んでいるShalfordも含め、この辺りはSurrey州と呼ばれるところなのですが、サリーの田舎は家も景色もとても綺麗です。

Untitled

 

僕の家のすぐそばにも川がありますが、ここには雰囲気の良い池が。この2人はずーっとベンチで話をしていました。こんな休日の過ごし方も良いですよね。

Untitled

 

しかしこの池には凶暴な動物がおりました。こいつです。

Untitled

 

近づいても逃げないので少しずつ距離を詰めて行ったんですが、1メートルくらいまで近づいた時に『シャー』って音を出しながら威嚇をし始めました。かわいそうだと思い少し離れたのですが、なんとシャーシャー言いながら追いかけて来ます。勝てると思ったのか、すごく腹が立ったのか、理由はわかりませんが、鳥に威嚇され続けると言うのは結構な屈辱でした。さらに距離をとったら、『二度と俺のテリトリーに入るんじゃねえぞ』って雰囲気を出して仁王立ちしていました。

Untitled

 

そこから少し進むと、もう一気に田舎道に入ります。人が集まるのはパブだけ、それ以外は林道。それがサリーの村。まだ冬の装いですがそれでも自然の中を歩くのは気持ちが良いものですね。

Untitled

 

この辺りは牧場と家が混在していました。カメラ目線で春を告げる馬や、僕の来訪に怯える羊がそこかしこにいます。羊、食べられるとでも思ったかな。

Untitled

Untitled

 

突然貴族風の家が出て来たり。

Untitled

 

春が来ればもっと鮮やかな色になるんだろうなぁ。イギリスはこれからが良い季節。待ち遠しいですね。そのときは目的の村に行きたいなぁ。