おすすめのアコギ(エレアコ)用プリアンプ・エフェクター

我が家の旅のお供のミニギター『豆鉄』は、L.R. BaggsのiBeam(Passive)というピックアップを搭載したエレアコ仕様になっています。

www.yotaronoguchi.com

 

この豆鉄のアンプにつないだ音をきれいにするため、そして楽しく遊ぶために以下のエフェクター・プリアンプをつなぐに至りました。

 

試行錯誤の末に選んだ機材なので、ミニギターらしからぬよい音に仕上がりました。もし、エレアコの音作りに悩んでいる人がいたら参考にしてみてください。

Untitled

 

L.R. Baggs, Para Acoustic D.I.

ピックアップのiBeam、音はとても良いのですがパッシブタイプのため出力がとても弱く、プリアンプが必需品です。選んだのは通称パラアコ。他にもプリアンプはたくさんのメーカーから出ているのですが、iBeamの出力が弱すぎるので、きちんと増幅してくれるプリアンプが必要でした。パラアコは同じL.R. Baggsの製品で、iBeamでの実績もあるようなので選びました。

 

このパラアコ、無骨な仕様ですがEQもついていてD.I.でもあるので、ライブなどではこれだけで音を作りこんでミキサーに送ることができます。出てくる音もアコギらしい音がするので、プリアンプに迷っている人はとりあえずこれを買ってみたらよいと思います。 

L.R.BAGGS Para Acoustic D.I. アコギ用ダイレクトボックス 正規輸入品

L.R.BAGGS Para Acoustic D.I. アコギ用ダイレクトボックス 正規輸入品

 

 

Strymon, Bluesky Reverb

ライブハウスなどではたいていミキサーにリバーブがついているのでそれを使えばよいのですが、僕の場合は家で放送・録音することがあるのでリバーブを買うことにしました。

 

選んだ理由はデジタル臭くなく自然な残響が得られること。もちろんデジタルリバーブなのですが、とても自然な音になります。いろいろ聞き比べてみましたが、結構リバーブはモノによって音に差があるので、購入するときは注意が必要かな、と思います。自然さではこれが一番でした。

 

One Control, Sea Turquoise Delay

エレアコにディレイは必要なのか?本来のアコースティックギターの音の要素の中にはディレイに相当する音は含まれていないと思います。ただ、エレアコの音はどうしても平坦なペラペラした音になってしまいがち。特に単音で弾いたときにその傾向が強く出てしまいます。

 

ディレイをうっすらかけると、このペラペラ感が消えてくれます。エレキギターのような使い方ではないので、うっすら自然にかかることが大切。One Controlのディレイは目立たずかかってくれるのでアコースティックギターに向いていると思います。 

One Control ワンコントロール エフェクター ディレイ Sea Turquoise Delay

One Control ワンコントロール エフェクター ディレイ Sea Turquoise Delay

 

 

 Boss, RC-1とFS-7

ルーパーです。ルーパーの選び方については別途書くつもりですが、人前で演奏しようとすると、スイッチ1つでは足りません。最低でも2つ、できれば3つ欲しいところです。3つのスイッチをコンパクトにまとめることを考えるとこれが最適でした。 

BOSS Loop Station ルーパー RC-1

BOSS Loop Station ルーパー RC-1

 
BOSS ボス Dual Footswitch デュアルフットスイッチ FS-7

BOSS ボス Dual Footswitch デュアルフットスイッチ FS-7

 

www.yotaronoguchi.com

 

実際の音

ミニギターにしてはよい音していませんか?自画自賛ですが。

youtu.be