何もないところをただ歩く

仕事で定期的にやってくるドイツの田舎町、来るたびに空港近くのホテルに泊まり3kmほど先のオフィスに通うのですが、これが意外と簡単ではありません。

 

空港なのでタクシーはたくさん止まっています。なのですぐに拾えるのですが、乗って行き先を告げると運転手が『近すぎる』と露骨に文句を言います。その文句の言い方がかなりきつい。

 

『俺はここで4時間待ってたんだ。』

『運が悪すぎる。』

 

僕にはなんの罪もないのですが、結構な剣幕でこういうことを言って来ます。

 

ただただ不快。だから会社まで歩いて行くことにしました。3kmくらいなので30分くらいで着きます。雨が降っていなければ散歩気分でいけるのですが、景色がつまらないのがまた苦痛。

 

なるべく綺麗な景色場所をを選んでるつもりですが、それでもこんな感じです。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled


実力はこんな感じ。建物の建て方、道の作り方があんまりセンスがないのでしょうか。心が踊らないのです。

Untitled

 

唯一、幼稚園にいたこの人形たちだけがよい景色だったかな。

Untitled