エレアコ用リバーブ~アコギの生音を再現するのではなく、StrymonのblueSky Reverbできれいなエレアコの音を目指す。

久々にギターの話。

 

エレアコと呼ばれるギターがあります。見た目はアコースティックギターなのですが、ピックアップという弦の振動を拾う機材が付いているものです。要はエレキギターのようにスピーカーやらアンプやらから音を大きく出力できるギターです。

 

アコースティックギターは、そのままのギターの音(生音)が一番きれいです(もちろんそうではないギターもありますが)。それなのにエレアコが存在するのは、生音ではライブで使いにくいからです。ギターの音をマイクで拾うのは意外と繊細な作業で、十分な音量を確保するのが難しいだけではなく、ほとんどのケースでキーンとハウリングしてしまいます。

 

だからエレアコは必要。そしてギタリストは生音のきれいさを知っているので、エレアコで生音と同じような音を出そうと努力します。『あのピックアップは生音に近い』『マイクとブレンドできるタイプはエアー感が出る』『プリアンプはこれがいい』『モデリング、シミュレーターを使えばあの名ギターの音が再現できる』およそ日本語とは思えない会話がギタリストの間では交わされます。

 

僕も生音に近づけたいと思って試行錯誤した時期もありました。でも結局エレアコで生音に近い音を出すのは無理なのではないかという結論に至りました。弦が振動し、それを木が反響させる=生音。弦の振動を機械で拾い、それを機械で増幅させる=エレアコ。この2つが同じ音色になることは無いだろうと思うわけです。

 

それならば、生音と違っていいのでエレアコの音をきれいにするのを追求したい。そう思っていま機材の勉強をしています。エレアコで一番気になるのが、弦の音が痩せていること。よいギターの生音はふくよかな広がる感じがあるのですが、エレアコの音は平坦な感じがしてしまいます。木が振動して反響することでこのふくよかさが出るのだと思うのですが、エレアコだと出ない。

 

ここで生音にこだわってしまうと、音にふくよかさを加えるのは難しくなってしまいます。機械で加えるふくよかさは木が出すそれとは違います。だからそこから『あれがいい』『いやこっちだ』と、結論の出ない議論が始まってしまうわけです。

 

なので、もう生音に近づけるという方向性は捨てて、エレアコできれいに出せるふくよかさはどういうものかを考え始めました。そして、反響(リバーブ)と揺れ(モジュレーション)を加えることで、ふくよかさが出せるのではないかと言う結論に至り、この間Guildfordの楽器屋で色々試して来ました。

 

4種類くらい試したのですが、ど定番のStrymonのblueSky Reverbがふくよかでキラキラしたきれいな音が出ました。他にもt.c.electricのHall of Fame 2をはじめ有名どころを試したのですが、エレアコではかなりの差でblueSky Reverbが良い音を出してくれそうです。日本の方がだいぶ安いので、戻った時に探そうと思ってます。

 

 

↓こんな音

 

追記:エレアコ用のエフェクターを揃えました。

www.yotaronoguchi.com